ジョージ・ハリスン、希代の傑作「SOMETHING」

ボーカルのP.coGa(コガットニー)です。 今回はジョージ・ハリスンの「Something」を歌いました。ギター、ベースは例によってRyo氏の完璧な演奏なので、物凄く歌いやすかったです。 特にポールの流れるようなフレーズを再現した演奏は聴き所です。  さて、初めてシングルA面となったジョージのこの曲。彼の後期の傑作は「While My Guiter」だけでしたが、この「Something」でいき

“Something” The Beatles Cover

GuitarのRyoです。今回は、ビートルズからSomethingです。 総括的なお話は、Beatlesマニアであるボーカルのp.cogaさんに譲るとして、この曲は、言うまでもなく、ジョージの名曲のひとつですが、成熟した「Beatle」を味わうことができる曲でもあると感じます。 ジョージのギター、冒頭から印象的ですよね。ソロの部分では、コードトーンを使いつつも、歌っていますよね。表現は若干、当時の

Aretha Franklin Cover “Do Right Woman, Do Right Man”

今日は、アレサ・フランクリンのDo Right Woman, Do Right Manを公開しました。アレサは最近(と言ってももう数年くらいになるのかな)亡くなってしまって残念でした。 今回は、Guitar二本とBassを弾いてます。ギターはアレンジしてますので、原曲とは違ってます。R&Bでありそうな自然な感じで弾いてます。 というか、オリジナル録音にはLeadギターパートは入ってません。