郷愁の イン・マイ・ライフ(動画あり)

 ボーカルのP.coGaです。 今回はIn My Lifeを歌ってみました。 私たちのバンドは活動しはじめてまだ日が浅いのですが、アルバム Rubber Soulから既に3曲! いかに優れたアルバムであるかがわかりますね。我がバンドメンバー皆の人気も高く、今後もRubber Soul全曲やれたらと勝手に想像しております。  さて、この曲はビートルズ時代のJohnの代表曲として人気急上昇中ですが、実

“In My Life” The Beatles (Cover) [YOUTUBE動画]

Ryoです。ビートルズのIn My Life(イン・マイ・ライフ)をやってみました。 今回は、私はギター、ベース、ドラムを担当しましたw。 この曲は、雰囲気のある曲ですよね。 この曲は、ジョージ・マーチンのピアノソロが印象的ですよね(低速録音、倍速再生でチェンバロのような音になっていますが)。この辺りが、イギリスのバンドだなと思うところでもありますね。ヨーロッパの香りがしますね。バロック、バッハな

And I Love Herは初期の星(動画あり)

ボーカルのP.coGaです。The BeatlesとPaul McCartneyをこよなく愛するこのバンド最年長のオヤジです。  まだまだ未熟者ですが、生涯、彼らの音楽、歌、演奏、全てをリスペクトして行きたい。そしてどんどん成長して行きたいと強く願っています。 バンド始めたばかりの頃の録音で、自分としては不満だらけですが、ギタリストの腕が凄いので、そちらを中心にお楽しみくださいませ。ただ私も気持ち

「今日はビートルズの歴史的な日」

ボーカルのP.coGaです。 今日はBeatlesファンにとって記念すべき日です。 1957年7月6日、ウールトンの教会で二人の大天才、ジョンとポールが出会った日です。  詳しいことは多くの方が山のように語っているので割愛しますが、この二人の出会いは本当に奇跡としか言いようがないですね。 何か、ジョンはポールが「エルビスに似ている」(見た目かい!)のと「俺よりコードを良く知っている」ということでバ

ストーンズ 新譜  Living In A Ghost Town到着!

Ryoです。ストーンズが8年振りとなる新曲を発売。アナログレコードとDLのみでCDは今のところなさそう(ユニバーサルのサイトにはCDも書いてあったような気がするんですが、、、。 レコードで購入し、先日届きました。 曲自体は、YouTubeで先行公開していたので、そっちで聞いていたのと、昨日は、撮影もしていたので、すぐには聞なかったのですがさっきやっと聞けました。 うちのレコードプレイヤーは、いわゆ

ノーウェアマン ビートルズ カバー ジョージ パートのコーラス(動画あり)

この曲では、ポールとジョージのコーラスを担当してます、Caolinです。 どの曲でもジョンとポールの声は聞き取りやすいのですが、ジョージのコーラスはいつも隠し味のようにはいっていて、一番耳コピするのに苦労しました。 この曲は、ジョンがメインボーカルなので、ポールが上、ジョージが一番下の低い部分でハモっています。しかし、女性の声では、ジョージのパートは低すぎ・・・ というわけで、出だしの3フレーズ目

ビートルズTaxman(タックスマン)はセンスの塊!動画あり

ボーカルのP.coGaです。今回はアルバム Revolver(リボルバー)1曲目のGeorge作、Taxmanに挑戦しました。  GeorgeはBeatles初期は偉大な兄貴たちの陰に隠れてる感じでしたが、このアルバムくらいからどんどん名作を書くようになっていきます。  しかもこれはアルバムの一曲目です!気持ち悪いカウントがまたいい! 他のメンバーも可愛い弟、Georgeの傑作に全精力で支援! P

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 新譜 ウェザーを聴いて

Ryoです。先月だったか先々月だったか、ちょっと前にヒューイ・ルイスさんの新譜を聴いた。その後、結構、何度も聴いてます。ヒューイさんといえば、80年代のヒット映画の「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の「パワー・オブ・ラブ」が有名ですね。先日も地上波でオンエアーがあったらしいですが、ジブリ系と同じく、視聴率が高いそうですね。 残念ながら、国内盤はなさそうなので、あまり知られていないかもしれませんが

NowhereManを歌ってみて思ったこと、、、(動画あり)

ボーカルのP.coGaです。今回は彼らの大きな変革点となったアルバム Rubber Soulから。 このNowhereManはBeatlesの公式録音全213曲の中で私の好きなBeatlesナンバーの上位に入る名曲です。 Johnの才能溢れる中期の傑作ですが、歌詞もただのラブソングを脱して意味深な内容になっています。 Johnの力強いリードボーカルにPaul、Georgeの美しい、ぶ厚いコーラス、

今後、書いてみたいと思う音楽記事 CDレヴューなど

Ryoです。今後、このブログに関連するところで書いてみたいことのリストアップしてみました。 アメリカおよびイギリスのポピュラー音楽の流れ(この場合、大衆音楽という意味でなので、ロックなども含む) いろんなバンドやミュージシャンのこと CDやレコードのレビュー ライブのレヴュー 楽器や機材のこと 大体、こんなことをカテゴリーに分けて書いてみようかなと思っています。